1962年、東京都生まれ。
関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。
伊藤忠商事株式会社、森ビル森美術館準備室、
ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年フリーのキュレーターに。
国内外の展覧会、シンポジウム、アートコーディネートを手がけ、
カルチャーライターとして活躍。

2005年「カフーを待ちわびて」で、第1回日本ラブストーリー大賞受賞。
2006年、同作で作家デビュー。
2012年「楽園のカンヴァス」(新潮社)で、第25回山本周五郎賞を受賞。

主な著作に「一分間だけ」「ランウェイ☆ビート」「花々」(宝島社)、「さいはての彼女」(KADOKAWA)、
「星がひとつほしいとの祈り」(実業之日本社)、「本日は、お日柄もよく」(徳間書店)、
「まぐだら屋のマリア」(幻冬舎)、「ジヴェルニーの食卓」(集英社)、「翔ぶ少女」(ポプラ社)、
「太陽の棘」(文藝春秋)、「奇跡の人」(双葉社)、「あなたは、誰かの大切な人」(講談社)、
高橋瑞木との共著に、「すべてのドアは、入り口である」(祥伝社)がある。

最新作は、アートとドラマが見事に融合した、著者新境地の力作長編「異邦人(いりびと)」(PHP研究所)

スイート・ホームトップへ戻る

原田マハ

原田マハ公式Webサイト