阪急宝塚山手台 トップページ

新街区の最新情報をいち早くお届けいたします。
ぜひご登録くださいませ。
まちの中心に位置する豊かな緑と生活施設が身近なロケーション。

まちの中心に位置する
豊かな緑と生活施設が身近な
ロケーション。

掲載の写真は平成29年4月撮影のものにCG加工を施したもので、実際とは異なります。

豊かな緑と、
上質を纏う新街区

まちを上質に演出する、
設えの数々。

「阪急宝塚山手台フォルテ・ガーデン」は、まちづくりの段階でさまざまな工夫が凝らされています。住み続けていただくほどに、暮らしやすさの実感と誇りを醸成するこだわりの設え。阪急宝塚山手台ならではの景を創出します。

新街区
イメージイラスト

山手台の集大成となる
上質のまちへ。阪急阪神不動産株式会社[宅地開発事業部]
小田 祐司

阪急阪神不動産株式会社[宅地開発事業部]小田 祐司

阪急宝塚山手台の新街区は、同住宅地における大規模開発として最終を飾ることとなり、これまでの集大成とも言えるものとなります。それだけに、これまで住民の皆さまによって創造されてきた山手台の景観や価値を持続させるとともに、より進化させた上質のまちづくりを行うことを目指しました。

新街区は、高低差がある地形に位置し、周辺には山々に囲まれた緑豊かな環境が広がるとともに、センター地区の商業施設に近接するという、住宅地として理想的な条件が備わっています。言わば、これら良質の“素材”をいかに活かし、上質の“料理”に仕上げていくかを三年かけて協議し、試行錯誤を繰り返しながら開発を行いました。

開発にあたっては、高低差を活かして後背の住宅地の眺望を阻害しない工夫をはじめ、山手台では初となるコーナー住戸の壁をR状に施した景観性・安全性への配慮、自然石の色合いが美しいカラーアスファルト舗装を採用。また、幹線道路からの景観に配慮した石積擁壁は傾斜を付けて圧迫感を受けないよう考慮するとともに、石貼擁壁、街路灯、公園の整備、クランクを設け安全性に配慮した歩行者専用道路の設置など、細かな配慮と素材を吟味したまちづくりを行なっています。さらに、幹線道路からの入口にあたり眺望を楽しめるプレミアム街区には、電線地中化をはじめ、など、新街区の“顔”としての仕上げにこだわりました。緑溢れる環境と上質のまちで、豊かな山手台ライフを謳歌していただきたいと願っています。